Shi jour Kojitsu

Tomの日々雑記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

たまにはこんな一日



kako-JSPzroE7RaukrS2l.jpg


Jude the Obscure(ER)1995作出

アブラハム・ダービーとウィンド・ラッシュというERから生まれた品種。
強香で蕾も沢山持つのですが、こちらは湿度が比較的高い地域でして
蕾のまま終わることも多々あり。




いろいろと疲れているとき。
庭先でぼんやりと、娘と二人で草むしりをして過ごす。
多かれ少なかれ、ヒトである以上は悩みがあるものだ。

隣人のことだったり、隣人のことだったり、近所に住む親せきのことだったり(←同一じゃん)。

花壇に生え始めた雑草を引き抜くうちに、大半の悩みはどうでもよくなってくる。
今回も、芝生の隙間から生えたタンポポやセイタカアワダチソウをむしりとるも、根っこが微妙に残ってしまうことにイライラしてきた。
隣人などどうでもいい、今は強烈に根貼りした雑草のほうが大事に決まっている。

時に荒々しく荒ぶりながらも、なんとか維持を続ける我が庭。
少しだけ雑草が減った姿に、ほんのちょっとだけ満足する。


が。
隣人降臨…


「あんたの庭はなんでバラばっかりなの?子供がいるのに危ないこともわからないの?」


我が家のお利口な子供たちは、幸いにもバラの棘は危険だと理解しております。
ヒトんち庭に子供つれて勝手に入り込むほうが、どうかなさってますよね。
招かざる客を拒絶するための要だと、いつになったらわかってくれるのかな?
生垣に植えたポールヒマラヤンムスクの要塞が完成する頃には、理解してもらえるのだろうか?


「なんでバラなんか好きなの?」


バラナンカスキバラナンカスキ…


それが、何か?


うすら笑いで帰宅を促しておいたが、さらにイラツキが増すのだった。


ジャンル : 携帯電話・PHS
テーマ : 携帯から撮った写真。

[ 2012/02/22 17:27 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。